錬マイル術!!

2018年大好きな旅行のために、効率的にANA、JALマイルを生み出す技「錬金術」ならぬ「錬マイル術」を極めます!

【ドライブ旅行記①】1泊2日福岡→別府〜由布院満喫の旅

今回は、両親連れて福岡から別府と由布院を一泊2日、車で温泉旅行してきましたのでその旅行記です。

福岡市内から別府までは、都市高速、九州自動車道大分自動車道で片道約2時間。

1日目に別府観光→由布院へ移動、宿泊し2日目に由布院散策して帰るコースです。


天気予報は「1日目曇り後雨2日目曇り」
でしたが雨が降ったのは一瞬で、心配していた霧も無く楽しい旅となりました。


朝8時半ごろ家を出て別府鉄輪温泉地区を目指し出発しました。

途中都市高速のインター付近で事故のため少しの渋滞はあったものの鳥栖ジャンクションを左に行き大分自動車道へ進むとそこからは車も少なく快適走行で別府鉄輪地区に10時頃半ごろ到着。

地獄蒸しランチを食べに
「里の駅かんなわ 蒸de喜屋」に向かいます


高温の温泉蒸気で、食材が15分ほど蒸されてテーブルに運ばれてきます


その間は奥の足湯に浸かって待ちます


両親は早速ビール。

平日ということもあり、また、韓国人旅行者が激減しているせいか、蒸していたのは私たちだけでした。穴場の地獄蒸し屋さんです。お土産屋さんと併設されています。
近くの「地獄蒸し工房」は平日でも人が多かったです。


蒸気で蒸された野菜はどれも甘く、感動しました。


カボスポン酢と柚子ごしょうを買って帰りました。

すぐ近くに「ひょうたん温泉」があるので立ち寄り湯を提案したのですが、両親は旅館に着いてからでいいと言うことでそのまま地獄めぐりに向かいました。



車で約10分程度移動して到着。

地獄めぐりの共通チケットは1人2000円で7箇所巡れます。1箇所400円なので800円お得。

今回、地獄めぐりは車での移動が非常に便利だということがわかったので一緒に巡り方も記します。

まず海地獄



徒歩移動

鬼石坊主地獄


車移動

かまど地獄
(飲める温泉水やミスト、係員さんのパフォーマンス込みで楽しめる地獄ですね)

徒歩移動

鬼山地獄


(ワニが数十頭飼育されている鬼山地獄では赤ちゃんワニの身体測定に遭遇しました)

徒歩移動

白池地獄
(熱帯魚の水槽とかあったがあまり見応えなかった。夜のイベントに力を入れていたみたい)

車移動(3キロ)

血の池地獄

徒歩移動

竜巻地獄(終了)

竜巻地獄は40分に1回吹き出す間欠泉。ちょうど良いタイミングで到着してすぐに見学できました。

豪快に噴き出した熱水は、屋根で止められていますが約30mほど噴き出す力があるそうです。


7箇所の地獄を割とゆっくり回って約2時間ほどでした。



それでは宿のある由布院方面へ車を走らせます。



由布院へは下の道で山越えして行きます。時間は40〜50分。

このコースは晴れていれば北海道のようにスカーっとして景色が良いのですが、今日はあいにくの曇り空。


途中、明礬温泉の湯の花小屋を見学します。

場所 別府・明礬温泉 湯の里 | 施設紹介




ここで自宅でお風呂に入れる「湯の花」や湯の花化粧品、地酒や美味しい「地獄蒸しプリン」などが買えます。

私と母で湯の花お徳用を購入してシェアすることにしました。


近くに明礬温泉の大露天風呂があります。立ち寄り湯がしたかったのですが、両親に泉質の違いを説明してもまたも乗り気でないので素通り。


ここから車で20分ほど移動すると、途中、由布院の立ち寄り湯でおすすめの秘湯「塚原温泉 火口乃泉」があります。

味は超酸っぱいレモネードのような日本第2位の強酸性泉を体験できます。
火口の見学もできます。

塚原温泉 火口乃泉google map



雨がぱらついてきて、両親は歩き疲れたのか旅館で早く寛ぎたいというのでここも素通り(>_<)


またいつか元気な家族とリベンジしたいと思います。



明礬温泉から約20kmほど走ったところで今回のお宿、「ゆふいん宿 清孔苑」に到着。


スタッフ全員で車まで出迎えてくれました。


15時20分にチェックインを済ませました。

露天風呂付き部屋へのアップグレードを期待しましたが残念ながら普通の和室でした。


お風呂は16時から11時までという規制があったようで(私の確認ミス)すぐにお風呂に入りたかった両親はお預けをくらい残念そう。


だから立ち寄り湯を勧めたのに。


16時まで部屋で待ち、やっと入泉。

風呂はそれ程大きくなく、こじんまりした温泉ですがお湯はトロトロで気に入ってくれたようです。


宿に売店は無く販売機のビールは300円とお高い。
近くにコンビニもないのでまた着替えて街までビールとおつまみの買い出しに車で行きました。


こうなるならギリギリまで迷った、金鱗湖近くの24時間入浴できて無料ビールサーバーのある「ほたるの宿 仙洞」にしておけばよかった…

「露天風呂付きの部屋に無料ランクアップされた」という多くの書き込みに流されて予約すると、そうならなかった時、自分は大変なショックを受けてしまう人間なんだとわかりました(笑) 露天風呂付きの部屋は朝の時点で空いていたので、チェックインの順番で誰かがグレードアップされたの?とか勝手に勘ぐってしまい、こんなことなら最初から予算組んで予約しておけばよかったと反省しました。 夕食へつづく 良いねと思われたら応援ポチして頂けると嬉しいです↓ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村